WordPressで制作した記事をSNSにも自動投稿しよう

WordPressの記事をTwitterに自動投稿

目次

ホームページに書いた記事をSNSに自動投稿

自分でブログの更新をした際に後からTwitterにアクセスをして再度TwitterやFacebook等にログイン後タイトルや詳細を記載するなんて面倒ですよね。そんな時にはWordPressのプラグイン、Jetpackを利用しましょう。

但しJetpackは巨大なデータ容量を処理する複雑な便利プラグインとして有名で、動作を重くしたり、サーバーに負荷をかけてしまう点には注意が必要です。ただGoogleアナリティクスやコンソールを入れていない場合には、アクセス解析もコメント管理もSNSとの連結も出来るとても便利なプラグインとなっております。

まずはJetPackをプラグインから新規インストール

ワードプレスの管理画面左側よりプラグインを選択→新規追加より、「Jetpack」と検索をするだけですぐに出てくると思います。インストール後有効にし、Jetpackの設定作業に入りますが、ここは別途投稿記事にてご紹介致しますので省略致します。

STEP
Jetpackをインストール後管理メニューより設定を開く

WordPress管理画面内の左上にプラグイン有効後表示される様になります。

STEP
共有タブをクリックする

Jetpackの設定管理画面内にある共有タブをクリックします。

STEP
共有画面に表示されているパブリサイズに接続をONにする

投稿をソーシャルネットワークに自動共有というボタンが出てきますので、そこでTwitter、Facebookのアカウントに接続をし、コネクトさせます。

STEP
後は投稿をするだけで勝手にSNSでも自動投稿されます

投稿より上げた記事のみSNSで自動投稿されますので、固定ページからの制作やカスタムポストタイプからの投稿はSNSに自動反映されませんのでご注意下さい。また、Facebookではものすごい長文が改行無く表示されますので、こちらは、WP管理画面の右上にある「公開タブ」の部分、詳細を編集より、パブリサイズの設定が開きますので「カスタムメッセージ」に任意のコメントをご入力頂ければFacebookの文章へ表示される様になります。

たったこれだけの手順でどんな事が?

SNSからの被リンクは今の時代最も有効とされるSEO対策の一つで、観てくれる人へ更新の情報を伝えられる以上の成果が期待出来ます。Facebookの場合にはイイネさえ押して貰えれば更新をする度にSNSでも通知をしてくれ、Twitterでも興味のある人がキーワードから閲覧をしてくれるかもしれません。

そんなWordpressの弱点でもある「通知」+「SEO」+「集客」全てを一度の作業で実行出来るフローは必須とも言える作業の一つとも言えますので是非実行してみて下さい。

WordPressの記事をTwitterに自動投稿

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる