Twitterのバズらせ方とSNSからHPへの流動を狙う

Twitterのバズらせ方
目次

SNSからの流動について

WEBサイトにおける集客方法の一つに、SNSからの集客を狙うという手法があり、今回はTwitterを利用したホームページへの流動の仕方を説明します。今回はSNSのTwitterを特集として記載をしていきます。

Fecebook等ではまた違うやり方を駆使して集客が出来ますので今後また記事にしていきますね。

ちょっとした力技になりますが、自分のサイトに少しでもアクセスを流し込む為の無料で出来る業ですので、出来ることは全て実践したい方はお試し下さい。

まずはどう書いているかの例をご覧下さい

Twitterのバズらせ方

こちらは自分のTwitterからバズらせる為だけにツイートをしました。結果はプチバズですがたったの2時間で37万人が目を通してくれた結果になりました。

要はその37万人中数%が自分のWEBサイトに来てくれれば、サイト更新にもSNSでの繋がりも拡げられ、ネットライフのやり甲斐を感じられる。そんなちょっとしたコツを伝授します。

その時に息の長そうなトレンドワードを見つける

Twitterのトレンド

Twitterの検索からトレンドを選択し、自分が話題の出来そうなトレンドを見つけます。ここで注意しなければいけないのは必ず自分の得意なジャンルにして下さい。インターネットやSNSでは隙があればコメ勢にコテンパンにされて、逆に更新が嫌になります(笑)何を突っ込まれても答えられたり慣れていない人は突っ込まれてもダメージを受けない無敵の心を持っていて下さい。

そのトレンドを加えた文章構成をツイートして下さい

例えばトレンドワードが「お金配りおじさん」だとしたら、「いつか貰ってばかりではなくて自分がお金配りおじさんみたいになりたいな\(^o^)/」とつぶやく事で、トレンドから検索をして観てくれる人たちがわんさかいるという事です。

これが要はバズらせる為のコツというかきっかけになります。

観てくれる人がわんさかいる中で、自分のツイートにいいねを押してくれる人やリツイートをしてくれる人が沢山居ればTwitterはバズるという事ですね。

今までの事を踏まえて再度確認してみましょう。

Twitterでバズらせる為の基本と復習

  • Twitterのトレンドを観て自分の得意なジャンルの話題を見つける
  • そのトレンドワードを利用して文章構成を作る
  • いいねやリツイートが貰えるような文章か確認する

たったの3つの手順で誰でも簡単にチャンスは目の前に存在します。さて、ここから注意をしなければいけない事を記載しますが、まずは何事もやってみるという事から実践してみて下さい。 

Twitterで注意をしなければいけない事項

  • 注目をされる為だけのツイートは連投すると効果0になる
  • 人と違った思考、人に何かを与えられる文章構成を心がける
  • 誘導したいリンクを直接文章に貼り付けると宣伝目当てだと思われリツイートされなくなる
  • 宣伝はバズったあとに自分のツイートにコメントとして「宣伝させて下さい」とコメントするのがルールです。

難しくて考えなければいけない点はこの3点です。Twitterでバズらせて簡単にアクセスが取れる訳でもなく、今までに記載した事を全てクリアして初めてプチバズる位は成功出来ると思います。

上手にSNSを利用してWEBサイトに流動する秘訣

一番効果を出すことは、自分の価値をあげる事です。例えばホリエモン。ホリエモンは自分の言葉に信頼性や誘導性を持つ為だけに著書を出版しているとご自身のYoutubeでも語っています。この様にSNSで自分が人気であればどんな事を言ってもやっても協力してくれる人が大勢いる。という状況が理想であり、インターネットライフを思うように進める為にはこのネット力は必要不可欠かもしれません。

WEBサイトで伝えたいことをTwitterで宣伝をするという考え方よりも、Twitterでバズっているキーワードで自分のWEBサイトの記事を制作し、そのURLを貼り付けながら自分の伝えたい事をツイートする。という考え方も一つの正攻法です。

今の時代mネットで成功を狙うのであれば、Twitterで100イイネを貰える表現力と記事作成力位は必要です。是非自分のスキルアップにも限られた文字数の中で表現をしてみて下さい。

Twitterのバズらせ方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる