複雑な商品を売る時に「顧客の手間の省く」だけで成約率は上がる

ライティング方法
目次

コンバージョンが上がるライティング方法

コンバージョンは日本語で「成約率」です。自分のホームページからお客様が商品を買ってくれたり、お問い合わせをしてくれたりと、所謂反響。WEBサイトで何かを販売や商材を売りたい時に、ライティングの仕方だけ気をつけるだけでもコンバージョン率は大きく変化します。

複雑な商品を自分がもし買う側として考えると、初心者が難しい用語を並べられたり何と何がどうなってこうなるみたいな事を頭の中で考えるのって大変ですよね。

そんなユーザー側の心理に立ってWEBサイトを構築するだけでも成約率はグンと上がります。

複雑な商品を買うべきシンプルな文章を構成する

一件難しそうに感じますが、このライティング記述方法のコツは簡単です。

知識が無かった頃の過去の自分に教えてあげる

まさにこの言葉自体も複雑な事をシンプルに伝えていますが如何ですか?直感的に分かるような気がしませんか?例えばゴルフショップを経営していて、ゴルフの知識も経験も沢山ある人がゴルフ理論を述べる時には専門用語やテクニックありきの話を沢山しますが、それを過去の初心者だった頃の自分に伝えても難しいですよね。

要はこれを自分のWEBサイトで表現するだけで、初心者だけでなく、実は上級者迄にも成約率が上がります。上級者の購買意欲が上がる理由は、

初級者から中級者になりたてな程、難しい言葉で「私は出来る」を伝えたがるものです。それを上級者の人は理解しているから文面を読んで「あ~親切な人なんだな」と信頼関係を作れるという事です。

画像や動画等も積極的に利用してイメージを伝える

単純に、この長い文章を読むよりも、人は動画や画像で見た方が早い理解を得られます。今の時代が本で学ぶよりもYoutubeで学ぶ様な事ですね。

ただこの際に、現在のWEBサイト制作におけるSEO対策はページの表示速度が早ければ早いほど、モバイル対応が出来ていれば出来ているほど上位に表示される仕組みになっていますのでやりすぎにはご注意下さい。

逆に簡単な商品を販売したい時程、複雑に商品説明をします

例えば「石鹸」。手を洗う時に手を綺麗にする為に使うモノです。これはシンプルに説明したやり方。でも実際にそんな事は誰もが知っている事でもあり、他の石鹸よりも誰かに買ってもらう為には、複雑そうに商品の説明を記載するんです。

この石鹸は昭和55年から1500万人に愛用され続け、○○○により「美肌効果」にも期待出来る、子育てをしているママに大人気の商品です。何故子育てをしている方にといえば…

ストーリーを備えて商品説明を記載するだけで、興味がある人は飽きずに最後迄見ることが出来ます。購買欲をそそる様な直感出来るライティングを心がけて下さい。

ライティング方法のまとめ

ECサイトやホームページで集客を考えている方、SNSの投稿のクオリティーを上げたい方にも利用出来る業ですが、もしかしたら人付き合いの基礎なのかもしれません。

難しい事をシンプルに、シンプルな商品は複雑に説明をする。

お店を構えていて商売をしている方であれば、自然と出来ている人が多いのではないでしょうか?これをまさにインターネット上でも活用するだけで貴方の売上もグーンと右上がりです。

ライティング方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる