【成約率150%増】ホームページを制作する時に成果を出す3つの秘策

ホームページ制作のコンバージョンアップ
目次

WEBサイトを制作する前にリクルート社を参考にする

リクルートは広告屋さんとして知らない人が居ない位の大手企業として、ホットペッパーを主軸として様々な広告媒体を扱っております。まず初めに伝えておくと、リクルートの経営力は成果を出すサービスに特化し、一流の経営者でも勉強になる位レベルが高いと言われています。

ホットペッパーに関しては、「飲食店は料理を作るのは上手だが宣伝は苦手」という経営者が多く、ターゲットを個人事業主をメインとし、高い広告費用を払ったほうが沢山のお客さんを得られるというメディアを作りました。

・飲食店は集客が苦手な業種だからネット広告に可能性がある
・大きな企業からは大きな広告費を得て競争意識を持たせる

この2つのポイントが大きく成果を上げています。但し、今は高い広告費用を払った方が目立つ位置に掲載をするという広告方法は時代が若干古く、Googleではユーザーの評価が順位を決定づけるという時代の流れを作っており、今後この平等な評価制度が確立されていくと予想されています。

そんな中で今日はWEBサイトを制作する際に広告としても利用出来る成果が上がる3つのコツを記載致します。

WEBサイト制作をする際に成果を上げる為のコツ

感情的なストーリーをWEBサイト内に利用する

普通の笑顔
コロナの影響で売上げが大変です
怒り
コロナの影響で売上げが大変です
泣いている
コロナの影響で売上げが大変です

如何でしょうか?目的にもよりますが、どれが一番観ている人の心を動かしますか?

ホームページでは良く笑顔で爽やかなビジネスマンばかりが登場してきますが、漫画で笑顔だけのストーリーなんてありません。感動する漫画は、涙あり、辛さあり、嬉しさあり、それなりのストーリーが描かれて初めて心が動かされます。

漫画の様にイラストを利用したり素材を利用して表情をオーバーな位表現し、自分達の伝えたい気持ちをお客様にしっかりと伝えましょう。

可愛い女性をふんだんに利用する

御社を撮らせて下さい
御社を撮らせて下さい

例えばリクルートの営業も可愛い女性多くありませんか?その他宗教の勧誘の際には必ずと言っていいほど、可愛い女性の隣に上司らしき先輩が二人一組だったり。これの理由は簡単です。

単純に男性がかっこをつけて断らなかったり少し背伸びをして契約をする

女性経営者よりも男性の意思決定者の方がまだ今の日本には圧倒的に多く、女性の営業は成果を出すまでに留まらず、インターネットでの露出はすぐにファンを獲得しやすいです。

また会いたい。という理由で契約更新等も行ってくれる人が多く、多くの人達が契約内容がそこそこでも「まぁ良いか!」と笑顔で対応してくれる現状です。

売りたい商材を売る前に小さなきっかけ

メインで販売をした商材や、集客をしたい場合に気を付けなければいけない事は、まず初めてのお客様は本当に大丈夫かな?と心配になりながら注文や予約、お問い合わせを行ってくれている事を理解して下さい。

よく占いのLP広告(ランディングページ広告)等でみかけるのが、占いを依頼する前に「無料占いメルマガ登録」等を見かけた事はありませんか?要はお試しです。

美容の商品でもスキンケアをネット販売しているサイトでは、よくサンプルが100円等で販売しており、ユーザーは自分でその商材を獲得する迄、価値のあるモノなのかどうかが不安。な為、ワンクッションお客様が勇気を出さなくても自分のWEBサイトとの接触を持ってくれる機会を構成しておくだけで問い合わせ率がグ~ンと上がります。

例えば当社WEBサイト制作としての「きっかけ」をパッと考えるのであれば、ホームページ制作が10万円という高額なモノに手を出しづらいお客様が居てくれたとしたら、まずは「ロゴ制作を3000円でご依頼出来ます」というコンテンツを作ります。

これによりお客様との出会いのきっかけになり、当社の実力を知ってもらえ、長いお付き合いが出来るだけでも嬉しい限りです。

こんなイメージで自社サイトにもお客様が簡単に行動を移せる様なきっかけ作りを行っていきましょう。

3つのWEBサイト成約率向上ポイントまとめ

如何でしたでしょうか?少しアイデアを拡げるだけでも大分コンバージョン率は変わってきます。

WEBサイトのマーケティングを理解しながらホームページを育てて行くととても楽しくサイト更新等も行える様になると思いますので、是非お試し下さい。

ホームページ制作のコンバージョンアップ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる