【ラッコキーワード】記事を制作する際にSEO対策のキーワードを自動算出

ラッコキーワード
目次

ホームページの更新でSEO対策を考慮する

ブログの更新やホームページの新着情報の更新は何故必要なのかからまずは説明します。

1)Googleでは情報は豊富なサイトを上位に表示させる
2)ロングテールのワードで長い寿命のアクセスを獲得する
3)SEO対策ワードに対し、関連性のあるワードで文章構成をするとよりSEO順位が上がる

この3つの為にブログを更新したり記事を投稿したりします。これをやるのとやらないのでは大きく成果が異なり、どれ位違うかを説明すると、やらなければアクセスは0~10に対し、1年間これを続けるだけで100~1000位変わります。

記事投稿のネタが無くなったり書く事が分からない方へ

そんな時に活用出来るのが、「ラッコキーワード」です。何が出来るのかを先にお伝えすると、例えば「WEB制作」をメインのSEO対策キーワードに設定するとします。すると

ラッコキーワード「WEB制作」

こんな画面が出てくるのですが、分かり易く説明をすると、「検索エンジンで検索される関連ワードの候補」が一覧で表示されます。更には

  • 売り出し中のサイトも見れる
  • 中古ドメインの販売や価格も見れる
  • トレンドに対する調査が見れる

便利機能満載のツールが無料で利用出来ちゃいます。

WEB制作で文章構成を作ってみると

WEB制作会社ランキングNo1の東京に事務所がある当社では、大手ではありませんが優秀なフリーランスを集めた超デザイン集団として活躍しております。

こんなイメージになります。要は、関連ワードから自分で文章構成をするだけで、関連ワードに対するロングテールでのアクセス、そしてメインとしたSEOワードの効果アップにも期待出来る。一石二鳥の更新方法となります。

色々なプラットフォームに対応しており柔軟に対策が可能

どんな国のどんな県の人がどんなキーワードをどんなサイトで検索しているのかが一目で分かる便利ツール。

例えば長野県で言えば、ホームページ制作というワードよりもWEB制作というワードで検索をする人の方が多ければ、自分のサイトのタイトル名はWEB制作会社〇〇という様に考えられます。

Youtubeや楽天市場、Amazonでもこのツールは利用出来ますので、様々なプラットフォームでもSEO対策に対応出来ます。これを使うかどうかだけでも効果が100倍近く変わる可能性もありますので、ブログの記事更新や、商品の出品の際にラッコキーワードを利用して記事を作るように心がけましょう。

ラッコキーワード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる